脱毛サロンでのアンダーヘアの脱毛は慣れれば恥ずかしくない!

肌の悩み

脱毛サロンでのアンダーヘアの脱毛は慣れれば恥ずかしくない!

脱毛サロンの施術で人気の部位として名前が挙がるのがアンダーラインです。

アンダーラインかきれいにお手入れされていると、彼氏や旦那さんとイチャイチャしやすい、蒸れやすい部分を清潔に保てやすいとメリットがありますが、施術って恥ずかしくないの?とアンダーライン脱毛と恥ずかしさについて見ていきましょう。

知っていれば怖くない!アンダーラインは紙パンツで少しずつ行う

アンダーラインの脱毛はどうやってやるの?アンダーライン脱毛に恥ずかしさを持つ人ならば、脱毛のやり方が気になりますよね。知らないでアンダーライン脱毛すると恥ずかしさが倍増してしまいますが、知っていれば恥ずかしさが和らぎやすいです。

アンダーライン脱毛は、脱毛サロンの場合だと紙パンツを履くサロンが多いです。紙パンツは普通の形だったり、Tバックの場合もあります。何も知らずに紙パンツを履かされると屈辱感や恥ずかしさを感じますが、みんな紙パンツを履くんだと分かれば怖くありませんよね。

そして、へその真下に生えている毛(真正面から見えるフロントの毛)をVゾーンと呼びますが、そこを脱毛する時は仰向けになって股を閉じます。その状態で脱毛していくため、股を開ける必要がありません。恥ずかしさで言ったらレベル1です。

次にIゾーンです。股を開いて真下から股下を見た時に目に入る部分です。Vゾーンとお尻の中間にある毛です。そこを脱毛する時は、足をあげたりなどして脱毛していきます。陰部がモロ丸見えであり、恥ずかしさはレベル2です。

次にお尻の穴周辺にある毛、Oゾーンです。脱毛する時はうつ伏せや四つん這いになります。そして、お尻の穴を広げながら脱毛していくため、恥ずかしさはレベル3です。スタッフが2人がかりで施術する場合もあるため、恥ずかしさはMAXと言えます。

このように、アンダーラインの脱毛は少なからず陰部を見られる場合があります。

陰部を見られれば誰だって恥ずかしいはずで、アンダーライン脱毛は誰しもが脱毛したいけど抵抗ある部位です。

しかし、施術はパンツやタオルを少しずつずらして行ったり、短時間で済んだりと恥ずかしくない工夫があります。

最初は恥ずかしかったけど、慣れたという人が多いので、恥ずかしさはすぐになくなるはずです。

アンダーラインは脱毛で人気部位なので、脱毛スタッフは陰部なんて見慣れている。そう思っておくと恥ずかしさが少しは薄れますよ。

アンダーライン脱毛をやる人は、みんな通り過ぎる道です。

RECOMMEND

-肌の悩み

Copyright© お天道様とわたし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.